千代田牧場の繁殖牝馬をご紹介します。

千代田牧場が誇るビューチフルドリーマー系をはじめ、現役時に活躍したお母さん、外国生まれのお母さん、
米国繋養のお母さんたち現役繁殖牝馬と、千代田の歴史を作った功労馬たちをご紹介。

千代田の歴史を作ったお母さん

ビクトリアクラウン Victoria Crown

1979年生 栗毛
14戦6勝  1981年最優秀2歳牝馬、1982年最優秀3歳牝馬エリザベス女王杯、クイーンC、クイーンS、新潟3歳S

男勝りの馬体で、デビュー2戦目の新馬戦から3歳秋のクイーンSまでを5連勝(うち重賞4つ)で飾りました。絶対本命視されていた春の桜花賞一週前の追いきりで骨折し、桜花賞・オークスは断念しましたが、そのうっぷんを晴らすかのように、秋のエリザベス女王杯を快勝。その年の有馬記念では古馬の強豪を相手にヒカリデュール、アンバーシャダイから2馬身半の5着。桜花賞、オークスの勝馬を退け、最優秀3歳牝馬に選ばれました。
2010年現在、ビクトリアクラウンからつながる孫、曾孫の世代が活躍し続けています。
ファバージ Princely Gift
Spring Offensive
ワールドハヤブサ ダイハード
オーハヤブサ

タレンティドガール Talented Girl

1984年生 栗毛
11戦4勝 エリザベス女王杯-G1、オークス-G13着

3歳1月の中山でデビュー。新馬2着2回の後、3戦目で未勝利を勝つと、桃花賞を連勝。オーナー・厩舎サイドで桜花賞には向かないと判断し、オークスへぶっつけ本番で臨みました。断然人気のマックスビューティには及ばなかったものの、2着クリロータリーとはハナ差の3着でした。その後、静内牧場へ放牧へ出て、当初から目標にしていた函館の漁火特別を楽勝。続くクイーンSでは1番人気におされましたが不本意な3着に終わりました。エリザベス女王杯は、その年の桜花賞、オークスを含め8戦全勝のマックスビューティーが圧倒的な1番人気を得ていました。そのマックスビューティをゴールまであと1ハロンで並ぶ間もなく交わし、2馬身の差をつけゴール。その前後に兄ニッポーテイオーが天皇賞(秋)、マイルCSをそれぞれ5馬身差で快勝し、わずか4週間の間に兄妹でGⅠ3勝というすさまじい記録を達成。一躍、母チヨダマサコを名牝に仲間入りさせました。
リマンド Alcide
Admonish
チヨダマサコ ラバージョン
ミスオーハヤブサ

ブレイブウーマン Brave Woman

1985年生 鹿毛
44戦4勝(2着5回、3着4回)新潟3歳S-G34着

2歳新潟でデビュー戦を快勝。準オープンまで勝ち上がり、総収得賞金は6465万円。一度も故障することなく、6歳まで44戦をタフに走り抜けました。引退後はタレンティドガール、リーディングロウルとともにニューマーケットへ渡英し、マキャベリアンとの間にできた初年度産駒がコクトジュリアン(クリスタルC-G3)です。日本に戻って2番目の仔がタイトスポットの牡馬、ブラボーグリーン(京阪杯-G3)。その後もナイキアフリート(OP)、ブレイブスペシャル(準OP)と活躍馬を輩出し続けました。また、初めての娘となったマジカルウーマンも、ナイキアースワーク(ユニコーンS-G3)、ドラゴンファイヤー(シリウスS-G3)とすでに2頭の重賞勝馬を輩出しており、孫の世代、曾孫の世代の活躍が楽しみです。
ブレイヴェストローマン Never Bend
Roman Song
チヨダフジ ファバージ
ワールドハヤブサ

ナギサ Nagisa

1993年生 黒鹿毛
34戦4勝(2着6回、3着4回)エリザベス女王杯-G14着、府中牝馬S-G34着


写真は初子サウンドザビーチ
ナギサは当初、馬名が「ウルトラシー」になる予定でしたが、女の子らしい名前にということで、「ナギサ」に変わりました。が、競走成績は皆さんもご存知の通り「ウルトラC」だったように思います。ナギサが500万下でうろうろしていた頃、スタッフの間では彼女のことを「さなぎ」と呼んでいました。ところが98年夏、長期休養明けの函館で凡走後、札幌の特別を2連勝。府中牝馬S-G3を4着。そしてとうとうエリザベス女王杯へ。エアグルーヴ、メジロドーベル、エリモエクセルなどの強豪がひしめき合う中、14番人気のナギサはベテラン安田富男騎手を背に超スローペースで逃げて、堂々の4着でゴール。気がつけば本賞金は1億円を超えていました。 2000年から繁殖入りしましたが、2005年の出産時に難産となり、蹄葉炎を発症。2005年8月、闘病の末、この世を去りました。 現役時代からのファンの方も多く、牧場でも期待していた繁殖牝馬だっただけに、本当に残念でしたが、2007年、初仔サウンドザビーチがTCK女王杯-G3を制しました。
マークオブディスティンクション Known Fact
Ghislaine
ミデオンルビー ノーザリー
ワールドソロン

ビバムール Vivante Meule

1992年生 黒鹿毛
12戦2勝(2着3回)

本馬の全姉ウェルシュマフィンが"タイキシャトルの母"として有名ならば、こちらも"ピースオブワールドの母"といったほうが、ファンの方にはピンとくるかもしれません。本馬の2番仔ピースオブワールドはご存知2002年の最優秀2歳牝馬。デビューから4連勝でファンタジーS-G3、阪神ジュべナイルフィリーズ-G1を制し、満場一致で同賞を受賞しました。3番仔ピサノバーキンも新馬勝。残念ながら、ビバムール自身は2004年の出産直前、結腸破裂のため安楽死の処置がとられました。母と入れ代わるように、その年、繁殖入りしたピサノバーキン。初仔トシギャングスターが2009年デビューを迎え、特別勝を挙げました。
Caerleon Nijinsky
Foreseer
Muffitys Thatch
Contrail